*

絶対に勝つ!

外国為替証拠金取引の経験の浅い方が為替のポイントを理解するには初めに実戦を積んでいく事が不可欠です。

 

あらかじめ危機を予期するようになるようになるには、ポカを積み上げることも重要です。

 

損をするといっても、持ち直せないほど決定的な損をする事は問題外です。

 

やり直せるぐらいの間違いを何度も体験することが、自らの経験値を高めてくれるはずだ。

 

こう考えるとまず初めは少額で取引を行い、それによって何度か小さなマイナスを経験することが大切です。

 

たとえば、100万円しか投資する事が出来ない状況でよく考えずに全額投資して売り買いするとマイナスになった時、取り返せない恐れがある。

 

それより、ひとつの例として少しずつ売買して、そこで失敗や成功を積み重ねた方が次第に負けを埋め合わせる技術なども身についていくはずです。

 

最初にわずかな額でトレードする事の価値は先に言及したように、あなたの経験値を高め間違いを回避する方策を身に付けていく事にありますが、それと一緒に、取引の回数を重ねて、偶然を削減する事ができるという長所もあります。

 

一例として、売買で勝てる確率が50%とします。

 

すなわち、同じく二分の一の確率で損するリスクもあります。

 

勝率50%ということは半分半分の率で勝てることを表現しています。

 

だが、全てを注ぎ込んでエントリーをするということは明確な勝ちか、負けの片方になってしまいます。

 

それはたんに1度の賭けと同じです。

 

要するに、全ての財産をつぎ込んで1度だけしか売買しないとそれだけではマイナスになるリスクが高まります。

 

それだけに、お金を1回に全部使うのではなく何度かに分けて投資機会を積み重ねる事がリスクコントロールとなります。

 

ただ少しずつに分割しても、全ての注文で稼ぐ必要はない。

 

はっきり言うと、勝利できないのが本当のところです。

 

トレードで必要なのは、どのように儲けるかです。

 

勝率が同じでも仮にそれ以下でも儲かる時は儲かります。

 

負ける確率が高くてもその収益がわずかであれば、3割の勝ちの儲けの大きさだけでうまく稼げます。

 

そのために必要な事は、損失を小さく、利益を大きくを肝に銘じる事です。

 

損が出たら即損失を確定して、逆に勝てる状況では大きくプラスにする事がFX取引の経験の浅い方がFXで利益を上げる方法です。

 



コメントする